中国WEB
事情コラム
中国WEB事情をもっと詳しく知りたい方に!
無料メールマガジン登録受付中
HLカンパニーでは中国市場におけるweb事情を、皆様にわかりやすくお伝えるするために無料メールマガジンを定期的に発行しています。
弊社メルマガでは、中国市場におけるweb展開の有効性、将来の発展性、ホームページやTmall店舗の具体的な運営ノウハウ、およびweb全般に関する情報などを配信させていただきます。
中国人 × 口コミの重要度 【HL上海webだより23号】2018.11.8.thu.発行
Weibo(微博)で行われた調査によると、消費能力がある30代中国人の実に43.5%がネットの口コミ(口碑/コウベイ)を信頼していることが明らかになっています。多くの人が口コミをもとに買うか買わないかの判断をしており、これが「中国でのマーケティングには口コミが有効だ」と言われる根拠となっています…
これだけは押さえておきたい!中国のweb広告の種類 【HL上海webだより22号】2018.10.25.thu.発行
中国のインターネット3強は「BAT」と呼ばれ、中国のほぼ全てのwebサービスはBaidu(百度)、アリババ(阿里巴巴)、テンセント(騰訊)の3つに集約する事ができます。毎日100億回もの検索があるBaidu(百度)に対しては、SEO対策の運用が効果的です…
日本の会社が集客するならどの動画プラットフォーム? 【HL上海webだより21号】2018.10.11.thu.発行
「中国の動画プラットフォームは?」と聞かれて真っ先に思い浮かべるのはどんなアプリでしょうか?2018年NASDAQに上場したBiliBiliや、知名度の高いiQIYI(爱奇艺:アイチーイー)、Tencent Video(腾讯视频)などでしょうか…
特徴を押さえて攻略!百度リスティング 【HL上海webだより20号】2018.9.27.thu.発行
日本にいる中国人に対しては、Googleのリスティング広告が効果的ですが、中国現地の中国人に対してブランディングしたいと考えているなら、百度(バイドゥ)リスティングを攻略する必要があります…
WeChat(微信) vs QQ 年代別の利用者を考察 【HL上海webだより19号】2018.9.13.thu.発行
テンセントがQQを運営し始めたのは、1999年のことで、当初は企業が利用するインスタントメッセージツールとして利用されていました。同じテンセントがWeChat(微信)を公表したのは2011年で、QQはWeChat(微信)よりも12年近く前にサービスを開始していた事になります。この2つのSNSにはどういった違いがあるのでしょうか?年代別の統計から考察します…