カテゴリ一覧表

更多

検索エンジンの仕組み

検索エンジンは、インターネット上に存在するWEBサイトやファイルなどを検索する機能を持ったWEBサイトを言い、日本ではYahoo、Google、MSN3社が上位のシェアを占めています。
検索エンジンには”ロボット型検索エンジン”、ディレクトリ型検索エンジン、メタ検索エンジンなどに分類する事ができ、SEO対策の対象となるのはロボット型検索エンジンになります。
ディレクトリ型検索エンジンは、WEBサイトのリンクを集め分野別に分類したリストの様なものになり、その分野は階層(ディレクトリ)構造になっています。

ディレクトリ検索エンジンとロボット検索エンジンの違い

ディレクトリ型検索エンジンではYahooが有名ですが、システムは単純で、良質なサイトを人間が手動で登録を行い、表示順位を決定します。
日本では1996年にYahoo!Japanが質の高いディレクトリで人気を集め、その後シェアNo1のポータルサイトして独走しています。

ロボット型検索エンジン

ディレクトリー型検索エンジンに対し、Googleに代表されるロボット型検索エンジンはクローラーやスパイダーと呼ばれるロボットがインターネット上のWEBページを巡回、データを収集し、データベースに蓄積していきます。
ロボット検索エンジンの仕組み

蓄積されたデータは、インデクサーと呼ばれるプログラムによりテキストから単語に分解されインデックス(索引化)を作り、データベース化されます。
ブラウザからWEBサーバへ送られた問い合わせ(検索)は、サーバインデックスを参照し、適合したものを独自の評価ロジック(アルゴリズム)により、検索結果として出力します。

ロボット型検索エンジンの欠点には、検索結果ノイズがあります。
何十億ものWEBサイトを全てインデックスしようとしていますので、個々のページ質などは関係なしに収集を行います。
出来るだけたくさんのページをインデックスしようとしている事がノイズを増やす原因に繋がっているのです。

検索ノイズを減らす努力は日々行われており、現在では第三世代検索エンジンを使用しています。
これまで、ページ内要因のみを評価の対象としていたものに加え、ページ外要因(外部リンクの加味)により、以前とは比べものにならないほどの検索結果を返すようになっています。

 

 

お問い合わせご相談はお気軽に 021-5430-7757 「受付時間」年中無休です! 24時間営業

お問い合わせとお見積もり
最短1営業日以内にお見積もり制作

メールでのお問い合わせ

上海ホームページ制作会社  | 中国語SEO対策  | 中国(上海)進出コンサルティング

沪公网安备 31010902001859号